top of page
検索
  • 執筆者の写真chizaitoastmasters

Bumpy way before closing deals


Why only one third of the patents in Japan is used? Is it because of the lack of market? This question was posed in 1997, which still seems to haunt the policy makers in Japan.

Today, we had a pleasure of inviting Pallavi Shah, MD Transactions, Mobility LLC, who has been deeply involved in the successful patent transactions. Pallavi shared her experiences on various things to be considered for successfully closing the deals: trusts, respects, understanding the needs of buyer/seller, etc. But what she repeatedly emphasized was that there is a business need for using a patent and that the patent is meant for protecting the invention. These are the very basics yet important for the successful IP transactions. We may always need to keep these basics in our mind when we think of "patent market." Thank you Pallavi for your wonderful talk! Also, we really appreciate Professor Takenaka for enriching our discussion.


何故、日本の特許の1/3しか使われていないのでしょう?市場がないためでしょうか?この問いは1997年に投げかけられたものですが、いまだ、日本の政策担当者の脳裏を去ることがないように思われます。今日、私たちは、特許取引の成功に深くかかわってきたPallavi Shahさん(MD Transactions, Mobility LLC)をお迎えしました。Pallavi さんは、取引を成功裏に終えるため考慮すべき様々なことについて経験に基づき話しをしてくれました。信頼、相手を尊重すること、買い手/売り手のニーズに対する理解等々。しかしながら彼女が何度も強調したことは、特許を使いたいというビジネスニーズがあること、そして、特許は発明を保護するためにある、ということです。これらは基本中の基本ですが、特許取引の成功にとって大切なことです。「特許市場」について考えるとき、私たちは常にこれらの基本を心の中に留め置く必要があるように思われます。Pallaviさん、素晴らしいお話をありがとうございました!また、竹中先生には議論を豊かにしていただき、本当にありがとうございました。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page