top of page
検索
  • 執筆者の写真chizaitoastmasters

Failure


We invited Reina Sato, Senior Director at NEDO Silicon Valley office, to our special meeting this Saturday. She shared an interesting research result on startups' patenting. Because it is not published, I don't write it here. She also shared what she found as differences between Japan and Silicon Valley. One of them was acceptance of failure. One attendee suggested that it be broken down to four categories: learnable, necessary, unavoidable and unnecessary. Both Japan and Silicon Valley accept the third one, but Japanese may less appreciate the first two failures than people in Silicon Valley. Another attendee suggested that discussion in more transparent manner would need more tolerance to different ideas. It was such a special meeting that we learned many thing from the speaker and attendees. Thanks!


今週土曜日にNEDOシリコンバレーの佐藤さんをお招きしました。スタートアップの特許取得活動に関する興味深いリサーチの結果を共有してくれました。まだ公表されていないため、ここではそのことは書きません。そのほか、彼女が気づいた日本とシリコンバレーの違いについて話してくれました。そのうちの1つが失敗への寛容性です。参加者のひとりが、失敗を、学習できるもの、必要なもの、避けられないもの、必要でなかったものに分けると良いという助言をしてくれました。日本もシリコンバレーも3つめの失敗は許容すると思いますが、最初の2つについては、日本はシリコンバレーほど寛容ではないかもしれません。また別の参加者は、透明性のより高い様式での議論では、異なる意見へのさらなる寛容さが求められるという発言をしていました。スピーカーと参加者から多くのことが学べる素晴らしいミーティングでした。ありがとうございます!

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Contest

bottom of page