top of page
検索
  • 執筆者の写真chizaitoastmasters

Inhouse counsel


We invited Ken Korea as a guest speaker for the special program titled “Value of In-house Counsel and Their Role” this weekend. The program was moderated by Akiko Araki. For in-house counsels, Ken said, their company is their “one and only client.” From Ken’s talk based on his broad backgrounds as an IP practitioner, including his unique in-house experience in Silicon Valley, we learned many valuable and practical tips on how in-house counsels can be strong advocates for their only client. Participants with various backgrounds, including in-house counsels from Japan and the US, actively exchanged their views from their own perspective. Despite the cultural difference between Japan and the US, we shared the view that the curiosity on various business and legal issues would be one of the important keys. “Be curious and try to learn new things - Life is full of surprises and serendipity!" That's his last bullet point in his slides and authors' favorite message.


今週末は、Ken Koreaさんをゲストスピーカーとしてお招きし、“Value of In-house Counsel and Their Role”と題するスペシャルプログラムを開催しました。Akiko Arakiさんがこのプログラムをモデレートしました。Kenさんの言うとおり、インハウスカウンセルにとって、所属企業は、彼らの「ひとつの唯一のクライアント」です。シリコンバレーでのインハウスカウンセルを含む知財実務家としての彼の幅広い経験から、インハウスカウンセルが彼らの唯一のクライアントにとって強力な代弁者となるための有益で実務的なTipsを学ぶことができました。様々な経歴の参加者の中には日本や米国のインハウス経験者が含まれており、彼らの独自の観点からの意見を活発に交換しました。日本と米国の文化的な違いはありますが、様々なビジネス・法的論点への興味が重要な鍵のひとつであるという点は共通見解と言えるでしょう。「好奇心を持って新しいことを学びましょう。人生は驚きとセレンディピティに溢れています!」 これが彼のスライドの最後のビュレット・ポイントであり、筆者のお気に入りのメッセージです。

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page