top of page
検索
  • 執筆者の写真chizaitoastmasters

Led by "Trust & Openness"...




"Protection" is usually considered as a key in the field of IP. But what if, you are asked to formulate an IP strategy which strikes a balance between openness and defensiveness? Our special guest, Mr. Hidekazu Kamino, IP Counsel of Mercari, Inc., a famous Japanese unicorn company, shared his valuable experience in that regard. According to him, Mercari's corporate mission, values and culture which puts emphasis on "Trust & Openness" provide a guidance for where to strike a balance between the IP protection and open source development. His words made us all think: Without protecting its IP, a company cannot achieve its mission. Without, however, contributing to the open source community, a company may lose its strength as it would be difficult to attract talents from all over the world. Thank you Kamino san for your wonderful talk!


知財の世界では、通常「保護」がカギになると考えられています。しかし、もし貴方が、オープンさと防御性との間でバランスの取れた知財戦略を策定するよう頼まれたら、どうしますか?日本の有名なユニコーン企業、株式会社メルカリの知財担当弁理士であるスペシャルゲストの上野英和さんが、この点について彼の貴重な経験を共有してくださいました。上野さんによると、メルカリの企業ミッション、価値観、そして「信頼とオープンさ」に重きを置く企業文化とが、どこで知財保護とオープンソース開発の間のバランスをとるかについてガイダンスを与えてくれるとのことです。上野さんの言葉には考えさせられました:知財を保護しなければ、会社のミッションを達成することはできない。でもオープンソースコミュニティーに貢献しなければ、世界中から才能ある人を引きつけることが難しく会社の強みは失われてしまうかもしれない。上野さん、素晴らしいお話をありがとうございました。

閲覧数:113回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page