top of page
検索
  • 執筆者の写真chizaitoastmasters

Patent Terms


We invited Tim Hargreaves, Partner and Yumiko Kato, Senior Associate of Marks&Clerk for the special program this Thursday. Not many of us seriously doubt effectiveness of 20 years of patent term maybe just because it is a gigantic issue. This session was well designed by the lecturers so that all attendees could have interactive discussion without much preparation. There are many ideas for optimizing the term. For example, the term should run from the first market date instead of the filing date. But, an issue of "legal certainty" almost always gets in the discussion. As a matter of course, we did not reach any conclusions. But we enjoyed the discussion and learned that legal discussion requires more training. Please contact us if you want to have interactive discussion about business issues.


今週木曜日の特別プログラムに Marks&Clerk 法律事務所のパートナーであるTim HargreavesさんとシニアアソシエイトのYumiko Katoさんをお招きしました。私たちの多くは、特許期間が20年であることが本当に効果的なのかを真剣に考えたことがありません。おそらく、単にとてつもなく大きな論点だからではないかと思います。今回のセッションは、参加者の皆さんが、しっかりとした事前準備なしに双方向の議論に参加できるように設計されていました。特許期間の最適化についてはたくさんのアイデアがあります。例えば、出願日ではなく最初の市場投入日から起算すべきというアイデアがあります。しかし、ほとんどの場合、「法的確実性」の問題が入り込んできます。もちろん、私たちの議論では何の結論を得ていません。しかし、私たちは議論を楽しみましたし、法律の議論をするにはさらなる努力が必要なことがわかりました。ビジネスの論点について双方向の議論をしたい方は、ぜひお問い合わせください。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

留言


bottom of page