top of page
検索
  • 執筆者の写真chizaitoastmasters

What to do to make the most of IP Landscape?


We had a fabulous discussion about IP landscape with Takuya Saito. He talked about his initiative of New Business on IP-Landscape-5 or NBIL-5. In his two-year work, he found that pure skill sharing, or purely matching between business needs and skill of IP analyst , who is familiar with IP landscape, does not work. He set off-line meetings with both sides and he found that they were effective. IP professionals often lack business perspective and business people often see IP professionals silo-minded. What to do to make the most of IP landscape? One participant pointed out that both sides have their own perspectives and some tension between them is inevitable and suggested that both side appreciate each other for their contribution. This opinion was echoed by other participants. We often discuss how IP professionals can have business perspectives. But it may be good to focus on collaboration as a team of teams, which comes from idea of the book I recently read "Team of Teams." Please contact us anytime if you want to participate in such a fabulous event!


Takuya Saitoさんと一緒にIPランドスケープについて素晴らしいディスカッションをしました。彼の話は、彼の取り組みであるNew Business on IP-Landscape-5 (NBIL-5)に関するものでした。この2年間の取り組みから、単なるスキルシェアリング、つまり、ビジネスニーズとIPランドスケープに詳しい知財アナリストのスキルとを単にマッチングするだけではうまく行かないこと見出したとのことです。彼は両サイドを招いてオフライン・ミーティングを開き、その結果、これが効果的であることがわかりました。知財専門家はしばしば事業者目線を欠いていますし、事業サイドの人はしばしば知財専門家が視野が狭い人たちとみなしがちです。それでは、IPランドスケープを最大限活用するためにはどうしたらよいでしょうか。参加者のひとりが、それぞれのサイドにはそれぞれの観点があり、ある種の対立は避けられないのだから、互いがそれぞれの貢献を評価すればよいのではないかと述べました。この意見に対しては、他の参加者からも賛同がありました。私たちは知財専門家がどのようにしてビジネスの観点を獲得すればよいのかという課題を議論しがちです。しかし、チームのチームとしての協調に目を向けた方が良いかもしれません。これは、最近読んだ本(TEAM OF TEAMS(チーム・オブ・チームズ))のアイデアです。このような素晴らしいイベントに参加したい方は、いつでもお問い合わせください。

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page